biography

松井智惠


1960年大阪生まれ

大阪市在住

1984 京都市立芸術大学大学院修了

●個展

 

2019

2017

2014~15

 

「青蓮丸、西へ」・MEM(東京)

松井智惠展『Picture-絵の仲間-』・MEM(東京)

松井智惠・a story-とんがり山・ギャラリーノマル(大阪)

2014

松井智惠展「一枚さん」・「松井智惠映像作品上映会」MEM(東京)

2014

平成26年春の有隣荘特別公開 松井智恵・「プルシャ」(倉敷)

2013

ハイジ53 " none " VOID+(東京)

2012

松井智惠 ドローイング展・MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfs/w

ハイジ52 " flower", " B/W " 現代美術と批評のスクール・MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfs/w (京都)

2011

ハイジ 50 “ On The Day ”・MEM(東京

2010

ハイジ 50 “ On The Day ”・信濃橋画廊(大阪

2009

ハイジ 49 “ MIST “・MEM(大阪

ハイジ 49 “ RIVER “・信濃橋画廊(大阪

2008 ハイジ 48 “ vision “・信濃橋画廊(大阪
2007

An Allegorical Vessel ハイジ47・MEM/ Gallery(大阪

松井智惠 -映像作品 2000-2007 上映会・remo(大阪

「寓意の入れものーAn Allegorical Vessel」UPLINK Gallery(東京                  

2006 ハイジ 46・信濃橋画廊(大阪)
2005 ハイジ 45・信濃橋画廊(大阪)
2004 ハイジ 44・信濃橋画廊(大阪)
2003

greenfinger-2003・信濃橋画廊エプロン(大阪

ヒマラヤ・カイダン、ヒマラヤ・レインボウ・MEM(大阪

2002 寓意のいれもの・信濃橋画廊(大阪
2000

greenfinger・MEM大阪)

彼女はうそをつく神戸アートヴィレッジセンター

1999

彼女は溶ける・信濃橋画廊大阪)

Galerie Gardy Wiechern (ハンブルク)

1993, 95, 97 ギャラリーKURANUKI大阪)
1992 アートサイト福井) ギャラリー21+葉(東京)
1991 ギャラリービュウ大阪)
1990 信濃橋画廊大阪)
1989 ギャラリー21+葉東京)
1987, 88  信濃橋画廊(大阪)
1986

信濃橋画廊5大阪) ギャラりーアルシュ東京) ギャラリー葉(東京)

シティギャラリー神戸) ギャラりー白大阪)

1985 シティギャラリー神戸) 梁画廊(京都)
1984 シティギャラリー神戸)
1982, 83 ギャラリー白(大阪)

 

●主なグループ展

 

2020

「real SOU#4 時の戯れ」「SOU」のほんもの作品展、茨木市本町センター(大阪)

企画:One Art Project

2019

「Miracle」(ギャラリーノマル、大阪)

2018

道後オンセナート2018ホテルプロジェクト「青蓮丸、西へ」、湯の宿 さち家(道後温泉、松山)

 

龍野アートプロジェクトinクラクフ、日本美術技術博物館マンガ(クラクフ、ポーランド)

 

「起点としての80年代」展、金沢21世紀美術館、高松市美術館、静岡市美術館(2019)

 

「ニューウェイブ 現代美術の80年代」国立国際美術館(大阪)

2017

恵比寿映像祭 地域連携プログラム「Melting Point 2」、MEM(東京)企画:稲垣智子

2016   

「縁側の立ち話O JUN+松井智惠」、KYOTO ART HOSTEL Kumagusuku

2015

「死の劇場〜カントルへのオマージュ」京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA

2014

京都国際映画祭(京都文化博物館)

 

横浜トリエンナーレ2014「華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」(横浜美術館、神奈川)

2013

龍野アートプロジェクト2013「刻の記憶」(龍野市、兵庫県)

ROADSHOW-三田村光土里、白井美穂との三人の連続個展-(VOID+東京)

2012

PEKE展 「藤本由紀夫 X 松井智惠」(ギャラリーノマル、大阪)

2011

 新・incubation-「On a Knife Edge-二つの向こう岸」(京都芸術センター)

アートフェア東京2011関連企画・スペシャル・ビデオプログラム「Body Talks? 未知なるカラダ」(SYMPOSIA・六本木AXISビルB1)     

「画像進化論」(栃木県立美術館)

2009

トレース・エレメンツー日豪の写真メディアにおける精神と記憶(パフォーマンス スペース、シドニー)

2008

「ゆっくり生きる。What Is the Real Nature of Being?」(芦屋市立美術博物館)、トレース・

エレメンツー日豪の写真メディアにおける精神と記憶(東京オペラシティアートギャラリー)

2007 「賛美小舎」コレクション「それでも人は、『境界』を越える。」(練馬区立美術館)
2006 piano, piano 展・大阪アーツアポリア(築港赤レンガ倉庫)
2005 横浜トリエンナーレ2005 「アートサーカス:日常からの跳躍」 
2003 六本木クロッシング(森美術館) Mission Invisibleとして参加
2002

いま、話そう。 日韓現代美術展(国立現代美術館、ソウル/国立国際美術館、大阪)

未来予想図ー私の人生☆劇場ー(兵庫県立美術館)

2000

美術の中のかたち 手で見る造形展(兵庫県立近代美術館)

LIFE, Art  Packing  2000 in OUTENIN(應典院, 大阪)

1999 コラボレーションアート展 (福島県立美術館) Mission Invisibleとして参加
1998

MICRO&MACRO COSMONAVIGATORS (ギャラリーKURANUKI, 大阪)

Mission Invisible として参加

1997 projects 57, bul lee ・chie matsui, The Museum of Modern Art, New York
1996 Nowhere, Louisiana Museum of Modern Art, Denmark, Mission Invisible として参加
1995

日本の現代美術1985-1995 (東京都現代美術館)

「小鳥は大空を想像する」芸術祭典・京 造形部門 (元龍池小学校, 京都)

SITE Santa Fe, Longing and Belonging From the Faraway Nearby, New Mexico, USA

1994 WORK SHOP 展覧会をつくること (西宮市大谷記念美術館)
1993 OUT OF PLACE, Vancouver Art Gallery , Canada
1992 Canon ARTLAB2 (ニューピアホール, 東京) Mission Invisible として参加
1991

SEVEN ARTISTS-Aspects of Contemporary Japanese Art ,

Sanata Monica Museum of Art (California), Portland Art Museum (Oregon),

Museo Rufino Tamayo (Mexico) , Contemporary Arts Center (New Orleans, 1992) ,

名古屋市美術館 (1992)

ザ・サイレント・パッション 日本の女性アーティストたち ( 栃木県立美術館 )

1990

ヴェネチア ビエンナーレ アペルト90 ( Venice, Italiy)

アート・ナウー関西の80年代ー (兵庫県立近代美術館)

1989 近作展7  今村 源 松井智恵 (国立国際美術館,大阪)
1984

アートナウ '84 (兵庫県立近代美術館)

TAMA VIVANT  '84 「戯れなる表面」(多摩美術大学、八王子西武百貨店)

●パブリックコレクション

国立国際美術館、栃木県立美術館、兵庫県立美術館、東京都現代美術館、高知県立美術館、高松市美術館、横浜美術館、大原美術館

●賞歴

1995 さくやこの花賞(大阪市)

1984 小合賞(京都市立芸術大学美術学部卒業展)

1982 三浦賞(京都市立芸術大学大学院修了制作)

●作家個人出版物

「一度もデートをしなかった」(DVD作品+中村敬治による評論、松井智惠によるエッセイ)2005年

 

●その他の制作・著作

2007年 音楽家HACOのソロアルバム「RISKA」(レーベル:disk union, Arcangelo)のアートワークを手がける。

 

●その他の活動、ワークショップ、講師など

2002-2006 大阪市の文化事業「大阪アーツアポリア」(旧住友倉庫・築港赤レンガ倉庫)が発足。

現代音楽、美術、NPO法人活動、等大阪の新しい芸術の場に関わる。

現代美術部門「アントルポッの放課後」のメンバーとして、講座、対談、展覧会企画を担当する。

 

●NPO法人大阪アーツアポリアの現代美術研究会『アントルポッの放課後』に2000年から参加、

レクチャー等の企画担当をする。

 ※『アントルポッの放課後』は、視覚芸術を専門とするメンバーからなる研究会。

 ミーティングを行い、その討論からレクチャーや展覧会を展開する。

 メンバーは、青山勝(研究者)、森口まどか(美術評論家)、清水克之(美術家)、

 小山田徹(美術家)、松井智惠(美術家)からなる。

 

2002 『私の視点』古川 誠(美術ライター)

         『1930~50年代の日本の女性作家について』小勝禮子(栃木県立美術館主任学芸員)

         『ハロー ミセス ”何かしら婦人” 』小川しゅん一(アーティスト)

2003 『ポーランドの精神世界を巡って~カントルとバウカ~』

         関口時正(東京外国語大学教授/ポーランド文化論)

         加須屋明子(国立国際美術館/学芸課主任研究官)

2004 *『対談:福岡道雄氏の仕事と今村源の仕事ー1950年代から2000年代へ』

            福岡道雄(彫刻家)、今村源(彫刻家)

          *「デジタルの俯瞰図ー映画『アヴァロン』から『イノセンス』へ」

            林 弘幸(CGIディレクター)

          *『小山田徹、清水克久、松井智惠が語る今までの活動あれこれ』

          *「アントルポッの放課後」メンバーによる対談

          *「公開ミーティング『アートは良い風景をつくる、か?』」 一般参加者と、メンバーでの語り合い。

 

●ワークショップ

1994  西宮市大谷記念美術館

        『展覧会をつくろう』

2000  神戸アートヴィレッジセンターでの個展の一部として。

        『漁師と女房-forbidden colors-』2000年

2005  国際芸術センター青森 

          映像作者、谷口義尚氏とアニメーションワークショップ

         『もの語りと表現ーマイ・スノーランド』3月、8月の二回

 

●レクチャー

1989  近作展7『今村 源、松井智惠』の会期中『作者と語る』

          担当学芸員故中村敬治氏、今村源氏と共に、作品について語る。対象は一般。

1992  兵庫県立近代美術館 

          美術館の教育、普及プログラムで、自作についてのスライド講演をする。対象は一般。

1996  嵯峨美術短期大学 

          版画科からの依頼により、自作についてスライド講演をする。対象は他学科の学生も含める。

2002  兵庫県立美術館

        『忘却と記憶の時代における対話について』

        『人生劇場』出品時に、国立国際美術館の加須屋明子学芸員と対談。対象は一般

2005  国際芸術センター青森

        『キッチンスライドレクチャー』自作のスライドを、施設のキッチンで上映して、講演。

          日常生活の大きさで、画像を投影して話をする試み。対象は高校生以上。

2005  大阪教育大学サテライト授業 

          那賀貞彦教授の「美術の『ロギー』と『アナロギー』について」ー女流作家篇ー

          '80初期から現在までの作品資料をもとに、那賀貞彦教授と対談。対象は大学院生、一般。

 

Chie Matsui

 

●Biography

Born in 1960 in Osaka

1984 Completed master course at Kyoto City University of Fine Arts

Lives and works in Osaka

●Selected Solo Exhibitions

2019

2017

2015

-Shorenmaru Nishi-he-, MEM, Tokyo

-Picture(and its friends)-, MEM, Tokyo

-A story-, Gallery Nomart, Osaka

2014

-MS. pieace-,MEM, Tokyo. 

 

-Purusha-, Ohara Museum of Art,Yurinsou, Kurashiki

2013

-Heidi54-none-, VOID+, Tokyo

2012

-Drawing-, MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfw/s, Kyoto

-Heidi52-flower,B/W-,MATSUO MEGUMI+VOICE GALLERY pfw/s, Kyoto

2011 -Heidi50-On The Day-, MEM, Tokyo
2010 -Heidi50-On The Day-, Shinanobashi  Gallery, Shinanobashi5'
2009 -Heidi49-mist-, MEM Gallery, Osaka           -Heidi49-river-, Shinanobashi Gallery, Osaka
2008 -Heidi48 -vision-, Shinanobashi Gallery, Osaka
2007

-Heidi47-, MEM Gallery, Osaka

-An Allegorical Vessel-, UPLINK Gallery, Tokyo

2006 -Heidi46-, Shinanobashi Gallery, Osaka
2005 -Heidi45-, ShinanobashiGallery, Osaka
2004 -Heidi44-, Shinanobashi Gallery, Osaka
2003

-greenfinger-2003, Shinanobashi Gallery, Osaka

-Himalaya・Kaidan-, -Himalaya・Rainbow-, MEM Gallery, Osaka

2002 Shinanobashi Gallery, Osaka
2000

Shinanobashi Gallery, Osaka

MEM INC., Osaka

Kobe Art Village Center, Hyogo

1999 Galerie Gardy Wiechern, Hamburg
1997 Gallery KURANUKI, Osaka
1995 Gallery KURANUKI, Osaka
1993 Gallery KURANUKI, Osaka
1992 Gallery 21+Yo, Tokyo
   
1991 Gallery View, Osaka
1990 Shinanobashi Gallery, Osaka
1989 Gallery 21+Yo, Tokyo
1988 Shinanobashi Gallery, Osaka
1987 Shinanobashi Gallery, Osaka
1986

Shinanobashi Gallery5, Osaka 

Gallery Yo, Tokyo

Gallery Haku, Osaka

1985

City Gallery, Kobe           

Ryo Gallery, Kyoto

1984 Gallery Haku, Osaka
1983 Gallery Haku, Osaka

 ●Selected Group Exhibitions

2016                     O JUN+Matsui Chie, ozasa_Kyoto, Kyoto

2015

Homage to Cantor-Theater of Death,Kyoto City University of Art ART GALLRY@KCUA

2014

Yokohama Triennnalw2014-ART Fahrenheit 451: Sailing into the sea of oblivion-

2013

Tatsuno Art Project2013- Arts and Memory-, Hyogo

2011

Pictorial Theory of Evolution, Tochigi Prefectural Museum of Fine Art

2011

Event of Art Fair Tokyo 2011,SYMPOSIA, Tokyo,- Body Talks Silence Beyond-, Symposia, 

Special Video Program Related, AXIS

2011

-On a Knife of Edge-, New Incubatuion3, Kyoto Art Center

2009 Trace Elements: Spirit and memory in Japanese and Australian photomedia
2008 What is the Real nature of Being, Ashiya City Museum of Art and Histry
2007 Sanbi Shosha : Ueda Collection, Nerima Art Museum, Tokyo
2005 Picture in Motion, Tochigi prefectural Museum of Fine Arts, Tochigi
2005 Art Circus, Yokohama 2005 : International Triennale of Contemporary Art
2002

a second talk: contemporary art from Korea and Japan,

The National Museum of Contemporary Art, Korea,

The National Museum of Art, Osaka 

Theatre of our lives, Hyogo Prefectural Museum of Art

2000 LIFE, Art Packing 2000 at Outenin, Osaka
1999

Collaboration Art, Fukushima Prefectural Museum of Art

(Mission Invisible/collaborative project)

1998

Micro & Macro Cosmonavigators, Gallery KURANUKI, Osaka

(Mission Invisible/collaborative project)

1997 Projects 57, bul lee/chie matsui, The Museum of Modern Art, New York
1996

Nowhere, Louisiana Museum of Modern Art, Denmark

(mission Invisible/collaborative project)

1995

Art in Japan Today, Museum of Contemporary Art, Tokyo

Longing and Belonging/From the Faraway Nearby, SITE Santa Fe, New Mexico

1993 Out of Place, Vancouver Art Gallery
1992 ARTLAB", New Pier Hall, Tokyo         (Mission Invisible/collaborative project)
1991

Seven Artists: Aspects of Contemporary Japanese Art, Santa Monica Museum of Art,       Portland Museum/Oregon Art Institute, Museo Rufino Tamayo, Contemporary Art Center,     New Orleans{'92}, Nagoya City Art Museum{'92}

The Silent Passion, Tochigi Prefectural Museum of Fine Arts

1990

Apert '90, the 44th Biennale di Venezia

Art Now: Eighties in Kansai, Hyogo Prefectural Museum of Modern Art

   
1989 Recent Works 7: Hajime Imamura/Chie Matsui, The National Museum of Art, Osaka
1988 Archi Texture: From the Horizon of Fiber Art, Spiral Garden, Tokyo
1984 Art Now' 84, Hyogo Prefectural Museum of Modern Art

●Public Collection

The National Museum of Art, Museum of Contemporary Art Tokyo, Tochigi Prefectural Museum of Fine Art,

Hyogo Prefectural Museum of Modern Art, Yokohama Museum of Art, The Museum of Art, Kochi, 

Takamatsu city museum of Art,Ohara Museum of Art.